健康的ボディ美女・水城りの選手のプロスタイルキャットファイト!仁美まどか戦 4

仁美選手の反撃の番ですが、プロレス技だけでは済まないのが、今年のB-1。

mizumado107

横向きのサーフボードを掛けながら、水城選手の股間に右足が・・
(レフェリー~! 触ってる、触ってるって

さらに仰向けになってからも、堂々と股間&乳房攻め
イキそうになってしまうピンチを打開しようと、手と足で仁美選手の股間を狙いますが、有効なダメージを与える事ができません

「なんだか楽しくなってきたわ」と仁美選手が優勢になったかというところで、これは決まった

mizumado132

前屈みになって苦しむ仁美選手に、水城選手のバックドロップ~っ

mizumado138

しっかりと腰を落として決めているので、かなりの衝撃だったのでは?

mizumado140

そしてサイドバスター (技名知らなかったのですが、ジャケットを見て)
素人的な考えですが、与えるダメージはバックドロップ級で、かつ掛ける側の表情をよく見れるので、すごくグッドな技です

mizumado146


ここでフィニッシュにいきたかったのでしょう
ロープの反動を使ってのボディプレス連発にいった水城選手でしたが、2発目はさすがに膝を立てられてブロック

苦しんでいる顔もそうですが、水城選手の肉付きが、、やっぱエロい。。

mizumado163


ここで水城選手の動きが止まり、エロ攻撃の餌食にされていってしまいます

卍固め→ドラゴンスリーパーまではフェアプレイでしたが、、、
アアッ

mizumado177

ハアッ、ハアッ・・ (自分の心の中の息遣い こうまでされちゃうともうダメ

mizumado190

「なんか濡れてきてんじゃないの?」
「どこ触ってんねん」

必死に抵抗をしようとする水城選手でしたが、もう目がトロンとしてしまい、立つのもままならない状態に。
(自分なら、もう〇〇〇は立っても、身体がいうことを聞かなくて、ドクターストップ、カン、カン、カン間違いなし)


仁美選手が、そんな水城選手を立ち上がらせて、フェイスクラッシャー。
そして、トドメは延髄切りでフォール勝ち。

mizumado209

ちゃんと片エビで抑え込んでいるところは、プロレス的ですね。ヒップを突き出すような姿勢も模範的な形

してやられてしまった感じの水城選手。これは返せないでしょう
(自分が同じ状況だったら、フォールで収めてくれて、ありがとうございますという心境)

mizumado212



とってもエロい試合でした。
でもちゃんとプロレスもしながら、チャンスを狙っては(いつの間にやら・・ではないか?) という感じでしょうか。

健康的でピチピチ若手レスラースレンダー美女レスラーの典型的な闘い。
女子プロレスではなく、これぞ「プロスタイル・キャットファイト」というものを魅せてもらったのかもしれません


仁美まどか選手は、相手を骨抜きにするのが非常に巧いな~
今回は水城選手中心の記事になりましたが、仁美選手にもスポットライトを当てて、いずれ書いてみたいと思います。


そして水城りの選手。 悩殺させて頂き、ありがとうございます
リンコスが非常に似合うボディで、運動能力も高く、理想的なキャットファイターだと感じます。

またバトル作品に出て欲しい選手ですね。

BWPにも参戦して欲しかったですが、スケジュールの都合がつかなかったのかもしれません。
関西が拠点のようなので、BWPコンタクトも難しいか・・・


いずれにせよ、プリーズ・カムバック! 水城りの選手【拡散希望】

 


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shuuji

Author:shuuji
ミックスファイトをこよなく愛する中年・男子レスラーです。
ツイッターでも呟いてます↓
@shuuji486

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR