これぞ神試合!! エクストリームトーナメント2016

BWP(バトル・ワールド・プロレスリング)興行から、まだ興奮さめやらないshuujiであります(笑)

4月の第2回興行も早くも楽しみなのですが、その前に・・・



「エクストリーム・トーナメント2016」決勝を鑑賞しました

いや、すんごい ウレシすぎる という以外の言葉がなかなか見つからないほど。
プロレスとレズリングとの融合?、、、う~んやはり上手く言えない。。

とにかく是非観ていただきたい作品です。 購入して損なし


なんでこの両者が、BWPに参戦できないのだろう、というか出て欲しかったな~。。
それは第2回のお楽しみということにしよう。祈ろうではありませんか


もうかなりネタバレしてしまっているので、単刀直入に

見事優勝を飾った美咲結衣選手。 素晴しい‘テクニック’で伊東真緒選手を戦意喪失させたのはアッパレ

maoyui355


惜しくも敗れてしまった伊東真緒選手。 

MIX戦で「反則攻撃に弱い」と指摘され、トレーニングを積んでいたはずでしたが及ばず。。
若月まりあ選手対策として、椅子やロープを使った反則攻撃は予測していたでしょうが、執拗はエロ攻めは想定外だったのでしょう。

maoyui347

※トップレス・トーナメントではありません



感想記事を書き始める前に・・・

ちと昨年との比較で考えてみると、昨年は内村りな若月まりあ両選手の勝負。


Rカヴァリー監督は、最初から勝敗を決めていたとツイッターで確かコメントされていたかと思います。
内村りな選手のやられ姿が、多くのキャットファイトファンを虜にしたのは事実ですし、若月まりあ選手の狂気を演出できるにはとてもいい条件だったように、個人的には感じました。
(それでも、内村りな選手には、別のトーナメントでも一度は優勝して、ベルトを巻いて欲しかった←ちょっと未練がましい

両者の試合では、若月選手のどSな凶器・反則攻撃が見どころで、本来ならば(純粋のプロレスならば)負けないと思われた内村選手が、まさかの敗退というドラマがありました。



今回でいえば、「反バトル連盟」バトルという構図があり、若月選手は反バトルに寝返り。
決勝の相手は、その反バトルの美咲結衣選手と、反バトルを粛清する任務を負ったヒットマン・伊東真緒選手。

伊東真緒選手が優勝し、いよいよ反バトル連盟の親玉? 若月まりあ選手に挑戦するというのが、ほとんどの方が考えていたストーリーではなかったでしょうか


ただ、もちろん数々の波乱を起こし、大いにファンの期待を良い意味で裏切り続けてくれたトーナメント。
すんなりいくはずはないという確信も同時にありました。

ましてや、この決勝の前に、前回若月まりあ選手に甚振られた江上しほ選手が、決意のトップレスで王座奪取


先の全く分からない展開・・
本当によく練られている演出に、つくづく感心をしてしまいます



この作品を購入する前に、自分の中ではいくつかシナリオを(妄想で)考えていました

①伊東真緒選手が順当に勝利するが、バトルの「反バトル連盟を粛清せよ」という指示に背き、美咲結衣選手と組んで、反バトル連盟に電撃加入する。

②試合中に、‘まさかの’若月まりあ選手が乱入。 両者とも凹られてしまう。

③美咲結衣が「若月まりあ」化して、伊東真緒選手を血祭りにあげ、若月選手を挑発してタイトルマッチへ。

①>③ で、②は無いかと思ってましたが、まだまだ甘い甘い



御託を並べていると、いつまでたっても進まないので、この試合での伊東真緒選手美咲結衣選手の素晴しいファイトを、それぞれ紹介したいと思うのであります

まずは伊東真緒選手から





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shuuji

Author:shuuji
ミックスファイトをこよなく愛する中年・男子レスラーです。
ツイッターでも呟いてます↓
@shuuji486

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR