横山夏希選手、B-1トーナメントでの奮闘!(準決勝から)

改めましてですが、B-1トーナメントFIFTH、終了しましたね~。
(もう遅すぎる感があるけど・・・、マイペース更新なもんでご容赦を


結果から先に書きますが、
う~~ん、、、、、横山夏希選手もうちょっとだったのにぃ

yokomado65


「嫌だ、もう嫌だ」と言いながらも、‘お約束’で立ち上がり、延髄切りの3連発を喰らって敗戦。

yokomado402


さらには、「プロレスマゾ」と仁美選手に言われてしまう屈辱まで・・

(もう制作監督さんのイジワル・・と言いたくなってしまいますが、プロレス(キャットファイト)は勝ち負けが問題ではないわけで~っ!!  ひとまず落ち着こう


改めて決勝まで出演を続けてくれたこと、BWPに参戦してくれた横山選手に感謝するとともに、仁美まどか選手の魅力も改めて実感いたしました。(←ホントに浮気性だけど、しょうがない。魅力あふれる女優さんばかりだもの


yokomado56

仁美まどか選手については、後日まとまった記事を書きたいと思うのですが、まずは横山夏希選手のB-1トーナメントでの奮闘ぶりに、すっかり魅了されてしまったので、横山選手特集から



まず一回戦は夏目レイコ選手に勝利。
これまで、横山夏希選手が得意としていた技としては、投げっ放しのバックドロップ、そして卍固め。
本人も自信をもっているようですが、今回の大会では、新たに足4の字固めが強烈なフィニッシュ技になっています

女子レスラー(特に横山選手)が、足4の字固めを決めているシーンはとても魅力的で、この技の精度をさらに上げていけば優勝間違いなしと思ってました。

でもこのトーナメントで、技のレパートリーもだいぶ増えたんですよね~
ご本人のプロ意識の高さに、改めて拍手を送りたい気持ちです


いつまでも能書きを書いていても進まないので、準決勝から振り返ってみます



「B-1トーナメント FIFTH 準決勝第二試合」(バトル様)




今回のB-1は、選手が皆強豪揃い 
なかでも対戦相手の鈴屋いちご選手は、BWPにも参戦して、あの愛嬌ある笑顔に魅了されましたが、なんとルチャをこなせる運動能力の高さで、Cロナ監督の評価も非常に高かったと記憶しています。


さて、作品は恒例の自撮り着替えシーンから始まります。
ここでも彼女のコメントを紹介したいのですが、第1戦である程度書きましたので控えめにして、もっとコメントを聞きたい方は是非ご購入を。。
(ちなみに、バトルさんからは何ももらってませんよ、念のため


今回のリンコスは良かった

yokoiti6

前回、少しレオタードっぽいリンコスで、唯一残念だった点が解消されています。
自分の中では、通野未帆選手戦のオレンジ、そしてB-1決勝の赤と並んで、このリンコスがベスト3


準決勝は1回勝ち上がっただけに、多少余裕があるようにみえます。

対戦相手の鈴屋いちご選手については、「メキシコ?ルチャドーレ? を齧ったことのある人みたいですけど、どこで何やっていたなんて関係ないんで。」

MCが淀みない横山夏希選手に比べ、かなり緊張しているのか 鈴屋いちご選手はおとなしい印象で、極めて言葉少な。

yokoiti14

しかし、インタビューになるとハキハキと話し、「おっ」と思っていると、
試合開始直後から、助走なしのドロップキック一閃

yokoiti27

BWP興行での南瀬奈戦でも、いきなり披露していましたが、これは華がある攻撃ですね。
身体能力の高い鈴屋選手を、どう攻略していくのかが注目でした。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shuuji

Author:shuuji
ミックスファイトをこよなく愛する中年・男子レスラーです。
ツイッターでも呟いてます↓
@shuuji486

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR