B-1トーナメントFIFTH決勝戦!(横山夏希選手編 2)

プロレスは「受けの美学」である以上、攻めている時だけではなく、受けの時の表情も大事ですが、横山選手は非常にその表情が巧いと感じます
(だから負け役になってしまったのかも


今回は受けのシーンを中心に

仁美選手にストンピング攻撃を受けて、苦痛の表情。
(効果音が目立つくらい、(当然ながら)軽く当てているだけでしょうが、痛みが伝わってきそうです)

yokomado91

足4の字固めを返してから、仁美選手がエキサイト 首絞めに弱い(皆そうでしょうけど)と分析してきた仁美選手に攻められます。

yokomado128

背中も弱点。 実際にリアルに苦しいのかもしれませんが、イイ表情を作ってくれます

yokomado132

また、この試合では横山選手が2度、足4の字固めを仕掛けて、両方ともひっくり返されてしまいます。
しかし、映像を観ている限りでは、「逆4の字を誘導してあげてる」という印象。
反動をつけたりもしているので、ちょっと強引な部分もありますが、仁美選手を巧く引き立ています

yokomado254

再び首を攻撃され、落ちちゃうんじゃないかとハラハラさせてくれるシーン。

yokomado266

おそらく(?)初披露のドロップキック(後日触れる予定)&バックドロップ、そしてパワーボムで一時は勝負ありかと思わせた彼女でしたが、やはり敗戦のきっかけはローブロー。 ガチで受けています

(もしくは、コーナーからの空中殺法を自爆して・・・というのもあり得るところでしょうが、通野美帆戦と同様の怪我はして欲しくなかったので、自分の頭の中にはありませんでした)

yokomado341

息を吹き返した仁美選手のスープレックスを連発で受けて、さらにドラゴンスリーパーでピンチ
失神寸前の危ない顔も得意ですね
しかし、まだ仁美選手の必殺技である延髄斬りを喰らうまではガマン(笑)

yokomado379

もう勝敗は決したも同然の状況での逆エビ固め。
心が折れて「ギブアップ!」と発したい場面ですが、最後の意地をみせて踏ん張る横山選手。

yokomado396

トドメは、足を乗せたDDT2&延髄斬り3が待っていました。
完全にグロッキーになっていた横山選手でしたが、仁美選手の技を受け切るところがお見事

yokomado429


次回は、確実にスキルアップした横山選手の攻めシーンetcを





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

まっくさん

まっくさん

こんばんは!
ローブローの演技(攻め、受け)の巧い選手ですと、威力が倍増してみえますね♪

過去にも

ローブローは爆弾的な威力なんだそうですね、かなり古い話ですが、リアルに無敗記録を更新寸前にローブローから逆転劇が多々ありましたね。
プロフィール

shuuji

Author:shuuji
ミックスファイトをこよなく愛する中年・男子レスラーです。
ツイッターでも呟いてます↓
@shuuji486

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR