史上最初の日韓戦 vol.1 (3)

序盤から形勢不利なヒール金城選手。
このままでは本領発揮できないうちに、1本目を失ってしまう というところで、
頼れるのは反則技ということで、ローブローを出してきた

ダウンしたルミ選手の胸元を、足で・・

kore44

アルゼンチン・バックブリーカーやキャメルクラッチで、ルミ選手にダメージを与え・・

kore46

さらにヒールらしく、古傷の左肩を攻めていきます(前作で、レナ選手と闘った際に痛めた箇所)
しかし、ここでルミ選手、頑張ります

kore49

得意技の延髄切りをヒットさせ、フォール♪

kore53

ここは金城選手返しますが、またもやアナコンダ・バイス的な複合関節技。
(男子レスラー、少なくとも自分にはウレシイ拷問技)

kore54

kore57

そしてドラゴン・スリーパー
ジーッと見ていると、自分の下半身が素直に反応しちゃいます

kore63

ここを踏ん張って耐えた金城選手。 ルミ選手はトドメを刺そうと、トップロープに登りますが、金城選手に掴まってしまい、思い切り投げを喰らってしまいます

kore67

再び優勢になった金城選手は、ブルドッキング・ヘッドロックをお見舞いし、(Team Wizardではこれまでお目にかかれない)パワーボム

kore69

効き目はあったと思いますが、すぐに丸め込むことができず、返されてしまいます。
ルミ選手は、本当に打たれ強い

だが、まだ攻撃の手を緩めない金城選手、お次は足4の字固め

kore73

一度は、身体をひっくり返して逆の体勢としたルミ選手ですが・・

kore75

再び返されピンチ  

kore76

なんとかロープに手を伸ばし、エスケープしたルミ選手!
だが、ピンチはまだ続き、ここで金城選手のスーパープレイが
ロープに飛んで、、

kore78

kore79

お見事 金城選手の高い運動能力が分かります!
しかしフォールにいくものの、カウント3をとれず、悔しがる金城選手。
本当に、この1本目は一進一退の攻防が続きます。


息を吹き返したルミ選手が今度は反撃。ナガタロックで締め上げると、ヒール金城選手がロープに逃れ、、
逆にベアハッグでまた苦しむルミ選手でしたが、

kore91

ここを凌いだところで、またもや延髄切りを披露。
そして、背面落下式フェイスバスター(TMさんブログで技名を知りました)が決まったぁ!!

kore95

これでグロッキーになった金城選手に、ルミ選手、Team Wizardの必殺技、ツームストン・パイルドライバーを決め、、

kore98

kore112

ダメージを受けた金城選手。 少し間を置いてフォールされますが、これを返せず、カウント3!

kore114

早くも、自分の予想が外れた1本目。
金城選手の反則技全開は、次の2本目以降だったというわけですね

それにしても、繰り出される技の豊富さにビックリでした。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shuuji

Author:shuuji
ミックスファイトをこよなく愛する中年・男子レスラーです。
ツイッターでも呟いてます↓
@shuuji486

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR