FG、そしてBWPでも中心選手として活躍するYUE選手~これまでを振り返る~2

まだあどけなさが残る新人レスラーだった夏目「雅子」選手が「エレナ」選手に。

あくまで推測ですが、彼女はとても「頑張り屋」なのではと感じます。
う~ん、それではまだ足りないか・・

FG(今はBWP)が求めているものを理解し、自身で節制して、スキルアップをしっかりしていくという‘プロ意識’がしっかりしていると思うんですね。



今度は、FGで当時無敗だった金城真央選手を破って、初タイトルを手にした時期のMIX戦にて。

笑顔でありながら、エグいハイキックを炸裂

erena12

さらに「大丈夫かな」という表情で、男子レスラーを覗き込みながら、フェイスバスター

erena38

ときおり笑顔を見せながら、変形の足4の字固めを器用に極め、プロレスセンスの高さを改めて実感させてくれた「エレナ」選手。
そうそう、この前に豪快なセントーンも披露してくれました

erena62

よく鍛え上げられた肉感的な太ももでの首4の字固めも強烈。
これを、涼しい表情でさりげなく極めて、凄味を感じさせてくれます。
(視聴者的目線では、とってもエロさを感じたシーンでもありました)

erena101

そして最近は、すっかりYUE選手のファイティングスタイルにもなっている、「甘い声で囁きながらの強烈な絞め技」

囁かれても、下半身が反応しちゃうというよりも、「う、やばい」という感じかも。。

erena144


個人的には、YUE選手といえばコレ

コブラツイストがまた効くの、効かないのって、もうそれは
(とっても嬉しい思いをしながら、でもリアルに脇腹が痛むという・・・)

erena159

3月のバトル店頭イベントに、YUE選手が参加してくれるようなので、行かれる皆さん、是非リクエストを(笑)


受けに回っても、表情が締まっています。笑顔の時もありますが、それはそれでですが、
表情にバリエーションが増えてきたような印象もありましたね、この頃には。
(アレ、何か上から目線かな、、、失礼しました

erena177

終盤になると、目下必殺技としている‘夏目ロック’が出てきます。
この時期に、恐らく対戦している男子レスラーから伝授され、モノにしたのではないでしょうか。

単なるグラウンド卍固めではなく、加えて相手の左手の自由を奪うところがオリジナルですね、素晴しい

erena244

この時はギブアップを奪えず、どうするのかなと思ったら、今度は胴締めグラウンドコブラという、男子レスラーにとっては至福の拷問技まで。
(真近で、こんなに見つめられたら、ホントどうよ・・  もうギブアップしかないでしょ 男子レスラー羨ましすぎ

erena271

もちろん? ギブアップしてしまった男子レスラーを、「あれ、どうしたのかな」という感じで、じっと観ているところも、また彼女らしいと思うシーンです。

erena292


こうして、確実にスキルアップしていったYUE選手。
抜群のルックスと笑顔、そしてエグい強烈な技の緩急を身につけた彼女は、FGの舞台で一気に文句なしの主役になりました


せっかくのこの機会なので、FG王者になってからのMIXタッグマッチも振り返ってしまおう





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:shuuji
ミックスファイトをこよなく愛する中年・男子レスラーです。
ツイッターでも呟いてます↓
@shuuji486

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR