Team Wizardのプロスタイル完結編(でも早くも続編祈願)2

この完結編では、冒頭にこれまでの(懐かしい、ウレシイ)回想シーンが・・・

そして、Team Wizardの団体(Wind)を率いているはずの団長が、団体を解散させようとするところからストーリーは始まります

強引な団長に、イェリ選手が「こういうやり方は気に入らない」と、イェリ選手の団体Wind(ルミ選手の団体)との対抗戦が行われるという展開に。

wizardf33

ルミ選手と反目し合っていても、骨のあるイェリ選手は好きですね。 
(前回出演していた女優さんとは同じ方なのでしょうか ヘアスタイルが違うとイメージも・・・。 今更ですが、イェリ選手とルミ選手との対戦は見たかった


解散濃厚なルミ選手の団体から、抜けることを明らかにしたミンソ選手と、それなら「私を倒してから行け」と立ちふさがったユンジ選手とが、まず闘うことに

wizardf49


Team Wizard作品全体をとおして感じるのは、昔の全女のイイところ(前座試合に見られたような、華麗な技で仕留めるというのでなく、泥臭くフォールを狙う、テクニックよりも執念の勝負)をしっかりと踏襲してくれているところなんです。


おそらくKohプロデューサーは、相当、昔の日本の女子プロレスを研究し、リスペクトしてくれているのだと思います。
相手の首を抱えて、引っくり返し合う攻防も、当時よくあったかと。

wizardf54

ボディスラムからフォール。これもそうですね

wizardf64

相手の体力を確実に消耗させる為に、積極的にフォールいくのは地味でもきわめて有効。
(だんだんはね返す力が弱まり、最後には3カウントで返せず、悔しがるシーンなどは、ものすんごいストライク

wizardf66

まだここは返していきますユンジ選手。

逆片エビ固めのシーンも、ジワジワくるものがあります
(とにかく、今作品は映像がとてもキレイなのが嬉しいですね

wizardf73

wizardf75


あ、、、イカン
こんなペースで書いていると、何か月もかかってしまう
少し巻きで・・・


とっても素敵な形のサーフボードなど、ミンソ選手が先手を取りますが、、

wizardf79

ユンジ選手も負けていません。
関節技が巧い印象のユンジ選手の足4の字固め。

wizardf102

一進一退の展開、今度はミンソ選手がカウンターのキックからコブラツイスト。

wizardf108

この技も、ファイナルシーズンになって、完成度が上がってきた感があります。 

日本のキャットファイトの試合と違う点は、コブラ返しで切り返すのではなく、ロープエスケープで逃れる部分でしょうか
(どちらも甲乙付け難い





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shuuji

Author:shuuji
ミックスファイトをこよなく愛する中年・男子レスラーです。
ツイッターでも呟いてます↓
@shuuji486

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR