続き・Team Wizardのプロスタイル完結編(でも早くも続編祈願)5

パワーで勝るミンソ選手、シュミット流バックブリーカーでさらに攻めますが、コーナーにルミ選手を振ったところで、逆転のボディプレス

これはルミ選手も得意技としているムーブ。

そして、金城愛菜選手を苦しめたチキンウイング・アームロック

tewif75

足4の字固めでさらに攻めますが、ここはミンソ選手のリアクションが

tewif78

拷問技のエグイ股裂き。 今回残念ながら欠場ハナ選手がこの技に耐えていたのをふと頭の中で思い出してしまいました。

tewif84

心は折れていないミンソ選手、上半身を起こしてエルボーの打ち合い
日本のキャットファイトではありそうでないシーンかもしれません。 まだまだ魅せ場を作ってくれます

tewif87

ここはルミ選手が踏ん張って、さらにはコブラツイストを掛けますが、ミンソ選手は力で投げ捨てる
再びシュミット流バックブリーカーからフォールにいきますが、これを返したルミ選手が反撃に転じます。

この関節技の場面では、日韓キャットファイトリーグでの若月まりあ選手を思い出しました。

tewif112

あくまで自分の勝手な推測ですが、この試合をとおして、これまでのシーズンの名シーンを回想できるような構成にしているのではないかと。

(もし万が一その考えが当たっていたとしたら、最高のファンサービスなのではと思います。

だってですよ
ロープに振られたミンソ選手が、それをすかして足掛け倒し⇒ストレッチプラムからの・・・ペディグリー 

tewif124

ここでは、イェリ選手の強さを思い出してしまうじゃないですか~

すみません・・・、自分の中でのTeam Wizard作品への思い入れが溢れ出そうなもんで 少し頭を冷やそう)


今回はツームストン・パイルドライバーよりも、多用しているパイルドライバーで、ルミ選手は完全にダウンしてしまいます。

tewif126

tewif128

カウントが数えられます。 
このままではカウント10を取られるのが必至な状態ですが、これは愛すべきプロレス

ギブアップを奪うか、抑え込んで3カウントでないと納得がいかないということですよね

(そうそう、日本では通野未帆選手vs生駒はるな選手でありました。あと画像を残していないのですが新垣ひとみ選手vs牧野絵里選手でもこのようなシーンがあったかと・・)




起き上がれないルミ選手の頭にストンピングして試合続行を選んだミンソ選手。(オッケー

もう一発パイルドライバーか? それともバックドロップなどの大技で息の根を止めようとするのかと思いきや、上四方でのフォールで、はね返せない屈辱を与えようとした(と感じた)ミンソ選手の作戦、自分は大好き! 

大いに支持しますデス。。

tewif137


ですが
不屈のファイター・ルミ選手は、これで終わる選手ではないのです





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shuuji

Author:shuuji
ミックスファイトをこよなく愛する中年・男子レスラーです。
ツイッターでも呟いてます↓
@shuuji486

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR