FC2ブログ

トップレスvsセクシーコスでのベストバウト! あやね遥菜&西口あられ 5

あやね選手の誘惑固め(もとい袈裟固め)をはね返した西口選手。
ヘッドシザースから、顔騎アンクルロックのお返し。

araaya327

そして、スリーパーホールドを掛けながら、あやね選手を立たせる西口選手。
汗だくで目を剥いて今にも失神しそうなあやね選手。もう大ピンチなのですが・・・

araaya338

なんとも、この汗の滴り具合が (撮影さん、グッジョブ
ドラゴンスリーパーを掛けられながら、徐々にせり上がっていくシーンで、エロさを感じる事は多々あるのですが、スリーパーでもこのアングルだと見応え十分


でもまだまだ、あやね選手が巻き返す
サーフボードストレッチ。

西口選手の背中を横向きで押し込んでいく、少し珍しい形かも。

araaya348

だんだん目が虚ろになっていく西口選手。
ここで足を踏ん張って身体を起こしていってくれると、最高の絶叫ポイントで、正直観たかったところでしたが、さすがに高望みし過ぎは禁物

さらにレッグフルネルソン、スリーパーで、今度は西口選手が失神寸前の大ピンチ
ああ、、落ちてしまいそう  こんな西口選手を観るのは初めてかも・・

araaya358

ですが、恐らくあやね選手は失神KOよりも、ジャーマンで3カウントを取りたかったのかもしれません
起き上がらせると、膝&エルボーでラッシュ

そして再びジャーマンスープレックスだぁ

araaya371

低空気味で決まって、喰らった西口選手、ガチで背中が辛そう
安全第一でやっているので大丈夫なのでしょうが、ホントに両選手のチャレンジには頭の下がる思いです


そして今にも崩れ落ちそうな互いの体勢を見て、2つの光景を思い出してしまいました。
唐突ですが、また脱線です(あらかじめゴメンナサイ



一つめは、新垣ひとみvs早乙女さゆり戦 (一部のシーン紹介でしたが)
腰をほんの少しだけ捻ればエスケープできるところ(彼女なら簡単)を、あえてスリーを決めさせる、新垣選手の受けの素晴しさ。

新垣・安藤(あいか)両選手を破った大物として、バトルのスター候補にのし上がれるハズだった早乙女さゆり選手を、もっと観たかった


二つめは、男子プロレスなので、全くこのブログと趣きが違うのですが、NWAタイトルマッチでのリック・フレアーvsジャンボ鶴田戦。

プロレスに興味を持ち始めた頃で、当時はプロレスの‘お約束’も知らない純真な少年だったshuujiは、ジャイアント馬場やジャンボ鶴田、天龍、そして外国人勢のザ・ファンクス、ミル・マスカラスらのファイトに大いに心を動かされておりました。

(あ、これは格闘技に純粋に興奮していたという意味です。 誤解されてしまうとヤバいので・・、念のため
性的なものを感じるのはミミ萩原選手前後の全女からです(笑))


当時、確かNWA王座が男子選手トップという位置付けになっていて、ジャンボ鶴田選手は素質十分ながら、ジャイアント馬場という大きな看板選手がいたため、王座に挑戦するのも難しかったような気がします(うっすら記憶ですが

そんなジャンボ鶴田選手が満を持して、時の王者:リック・フレアーに挑んだタイトル戦


ライブでは見れず、もちろん今のようにツイッターでリアルに情報を入手できる時代ではなかったので、後日食い入るようにプロレス雑誌を立ち読みして結果を知ったのですが、
なんとジャンボ鶴田選手がジャーマンを決めたものの、リック・フレアーにブリッジをつぶされてしまい、ダブルフォールでドロー決着という衝撃

リック・フレアーのタイトル防衛の写真を見ながら、心の底からリアルに悔しがっていたものでした。
(そんなんありか ジャンボ選手の悔しさはどんなであったか。。 おい! そんな決着・防衛でいいのか、リック・フレアー) 




全然違う・・・冷静になろう。 脱線もいいところ


なんでジャンボvsフレアーの話を出したかというと、この両者の決着が「ダブルフォールで引分け」というのもアリだったのかもという感想を、このシーンを観て思ったからなんです。


あやね・西口両選手の間に、白桃心奈選手という、トーナメント上、非常に不気味な(いい意味で)存在がいま‘した’。
白桃選手は西口選手には敗れたものの、あやね選手には勝利。
つまりこのエクストリームトーナメントの決勝に出ても、遜色ない選手といえました。


ということは
番狂わせとして、あやねvs西口がダブルフォール⇒両者ドローで失格。 
代わりに白桃選手が決勝へ、というのはあり得ると思ったんですね~。

(いつも自分の予想を巧みに裏切ってくださるRカヴァリー監督であれば尚更。。
その白桃選手が引退なんですから。 ホントに先が読めない、臨機応変さが求められるトーナメント)




散々、言い散らかしたところで、責任取れない第三者だし、軌道修正ができるうちに、元に戻る事にしましょう

ここはブリッジを頑張ったあやね選手でしたが、カウント3は取れず。
しかし完全に優位に立ったあやね選手が、キャメルクラッチ。

araaya380

ここでも西口選手の、もう一芸ともいえる、断末魔のような絶叫。 
それでも粘る西口選手に、「ギブアップしなさい」と、あやね選手。


少しは軌道修正できたでありましょうか(苦笑)





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shuuji

Author:shuuji
ミックスファイトをこよなく愛する中年・男子レスラーです。
ツイッターでも呟いてます↓
@shuuji486

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR