FC2ブログ

格闘嬢とのプロレスを思い出してみる(元・湯島ドレサージュ・C選手)4

なかなか付け入るスキを与えず、ジワジワと主導権を握ろうとするC選手。 
それをshuujiがはぐらかしながら、一進一退の攻防が続きました


息詰まる展開から、shuujiが足4の字固めをガッチリ極めて、これもC選手が必死に(演技で)堪える、堪える

右手、そして左手を伸ばして、なんとか足を解こうと頑張る姿に、下半身のな反応と、根負けしてしまいそうな上半身が葛藤を始めたところで、
ついに、、

ギブアップ」という声を発したC選手。


なんかあの声を聞いた時に、ザワザワッという感覚を思い出しました。

(直感なので、理由は不明ですが、たっぷり時間を掛けて技を受けてくれ、最後にアゴを上げて、力尽きた表情がエロかった事は間違いなし

あるいは、第3戦目にして初めて先勝した事で、この後どう振る舞おう(逃げ切れるのか?)とか、そんな事もあったのかも ⇒それだと結構な小心者デスネ




その後も、インターバルの度はもちろんの事、shuujiが悪い流れになりそうな予感がする度に、「トミーリッチ(握手)作戦」で、ピンチを未然に防ぎ、スコア的には常に優位に試合を進め。。

(当時の対戦メモの劣化が激しく、繰り出した技の数々をはっきりと覚えていないのが残念なのですが


警戒していたボディシザースや、首4の字固めでギブアップもしながら、最終的には2、3本の差をつけて、記念すべき初勝利

とにかく強烈に感じたボディシザースと異なり、首4の字固めは加減してくれたお蔭で、「プニッ」という太ももの感触がでした。




試合後には、フッと一瞬笑顔を見せてくれたC選手。
すぐに69の体勢に入って、慣れた手つきでshuujiの水着を脱がして、すぐにズポッ・・・
全く躊躇のない、豪快かつ見事なフ〇ラ攻撃

「ア~、アハァ~、、、これはスンゴイ」 

こちらのファイトも、少しは頑張らないといけないshuujiだったのですが、手も足も出ず
互いに相手を負かそうと、白熱した試合の直後に、こんなコト。
(これが男女のプロレスの魅力なんですよね~


さすがは評判の格闘嬢と感心して、満足したshuujiでありました。



この当時は、熱心に格闘嬢を開拓していた時期でもありましたので、その後すぐに再戦をオファーというノリではなく
同じ店のK選手が移籍してから、ほどなくだと思いますが、C選手も移籍。
でも、移籍先では、確か「格闘プレイ非対応」になっていたかと記憶しています。(残念



当時は格闘3Pという発想も、も無かったのですが、、
「チーム・ドレサージュ」組との夢のMIXタッグマッチも考えてみたら面白かったかも

天真爛漫なK選手との息の合った連携、ツープラトン攻撃は受けてみたかった


対戦した後の肌に残った感触から、後日(もう遅過ぎですが)新しい構想が湧いてくるのも、また格闘プレイの楽しさなんであります






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shuuji

Author:shuuji
ミックスファイトをこよなく愛する中年・男子レスラーです。
ツイッターでも呟いてます↓
@shuuji486

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR