なつめ愛莉選手のFG防衛戦! 挑戦者・春川せせら選手 7

ベルトを前に、なつめ選手に凄む春川選手の演技は、本当にスゴイ

「このベルト、あなたが私に渡してください。ギブアップって言えないんですよね」

airifg439

このセリフは、アドリブだったのでしょうか

敬語を使いながらのセリフだけに、余計にゾクゾクするものがあります。
監督さんの台本にあったセリフだとしても、終盤の疲労がたまり、アドレナリンが出まくっている時間帯に、このトーンで話せるのは才能だと思うんですよね~

男子レスラーであれば、香水の良い香りと春川選手の息遣いがタマラナイ場面と思うのですが、この迫力には思わず〇〇〇がシュンとなっちゃうかも。 そのぐらいの迫真の演技


だが、これにプッツンしたなつめ選手。 ベルトで春川選手を殴りつけるという最終手段に
結果的には、この挑発が勝敗を分ける事になりました。



腰に手をあてて、照準を合わせてのシャイニング・ウィザード
疲れが出ているはずの最終盤に、この精度はお見事

airifg449

そして、これは、、、もしや、、出るのか

airifg453

決まりましたぁ~~  なつめ選手の「エクスタシー・レインボウ」

airifg457

おおっ、この技が再び観れるとは
同じFGI所属の明海こう選手も披露してくれていましたが、互いの体格や身長が違うと、眺めもまた違いますね
(身長のある春川選手にとって、これをブリッジで耐えるのは厳しかったのでは

※8月のバトル生誕祭にお邪魔した時に、出来ればこの技掛けて欲しかった(本音を言えばですよ 間違いなくNGなのは承知ですが・・・。 せめて、なつめ明海の掛け合いをリクエストする勇気があれば、、、これもムリ



ギブアップしてもおかしくない技に、目を剥いて失神寸前(?)の春川選手。
「エクスタシー~」でギブアップしたら恰好悪いという気持ちも選手的にはあるでしょう(恥ずかし固めと同様)が、視聴者側からは、それもまた官能的だったりします。。
(女子と男子の感覚の違い )


これでなつめ選手のフィニッシャーまで、カウントダウン。

足4の字固めに極楽固めで、涎を垂らし、レフェリーストップ状態ですが、情けは禁物。

airifg471

なつめ選手の力強い攻撃に、ギブアップする余力もないのでしょう。 それにしても演技

airifg484

トドメはやはりコレでしたね なつめ選手の必殺・新卍固め 

airifg492

失神状態の中、懸命に凌いできた春川選手も、これはムリ。 ついにギブアップ


試合後は膝枕で健闘を(実際はこの逆

試合後にこの状態で、笑顔で「強かったわ、、また闘いましょう 」なんて囁かれたら、自分なら〇〇〇がしそう~と、ふと想像しちゃったもんで

airifg504


挑戦者として積極的な攻めを仕掛け、場外乱闘も見事。
本当にあと一歩のところでした。 ベルトをすんなり巻ける選手もいれば、これだけ能力が高くともなかなか届かない選手もいるという現実。

airifg506


ですが、試合前のインタビューどおり、ベストを魅せてくれました春川せせら選手。
(いや、ベストにしちゃうと、、。 ネタバレですがB1王座奪取をしてくれたので、今回はあえてベターとしておきたいと思います



そしてなつめ愛莉選手。

これまでエロ攻撃や、男子マネの介入とか、「プロレス」としては申し分なかったものの、実力にだった部分もありましたが、この試合で払しょくできた印象をもつファンは多かったのではないでしょうか。

かなり強烈な技を連続して受けながらも、凌ぎ切る力は、レスラーとして、チャンピオンとして立派の一言

タイトルマッチに相応しい試合内容、両者の名演技でした






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shuuji

Author:shuuji
ミックスファイトをこよなく愛する中年・男子レスラーです。
ツイッターでも呟いてます↓
@shuuji486

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR