FC2ブログ

2017年大ブレイク・仁美まどか選手のタイトルマッチ vs春川せせら選手 2

春川選手のスリーパーを強引に投げ飛ばす仁美選手。
闘志剥き出しで攻めていく姿が

お尻をしっかりと乗せた逆エビ固めもベリー・グッド
(う~む、自分にも掛けて欲しい

semado117

今度は春川選手が強引に跳ね返し、これも難度の高いロメロスペシャルですが、両腕を掴むのでなく、仁美選手の首を絞めていくところがさらに高難度、ポイント

semado131

この体勢をキープするのも大変そうですが、闘志あふれる様を十二分に表現してくれる技、両選手に早くも賛辞を送りたい気持ちになります


そして、技を掛けながら、凄味を利かせた言葉責めで相手を追い込んでいくのは、春川選手の十八番
なかなか他の選手もマネの出来ない演技に改めて感服。。
(これがある意味、チャンピオンに届かない要因かもしれませんが、それが彼女の魅力)

semado144

1本目はパワーボムを炸裂させた春川選手が、そのまま押さえ込んでカウントスリー
目を剥いてすぐに起き上がれない仁美選手。

semado154

しかし、王者としてこのまま引き下がるわけにはいかない仁美選手、さあ2本目

「ボロボロじゃないですか、チャンピオン?」と春川選手に挑発されますが、気合の入った良い表情をしています

semado164

力比べから、ロープに振られてラリアット狙いを上手くかわして、カウンターキック!
そして、横山夏希戦では終盤に繰り出したスターナーを、ここで連発

semado172

続けてナガタロック。
ちゃんと敬礼ポーズを決めているところに、仁美選手のプロレス愛、サービス精神旺盛さを感じます

semado178

以前、エクストリーム元王者・武藤つぐみ選手が武藤啓司選手の「プロレスLOVE」のポーズを決めてくれた時に、オオ~っと驚いたものですが、すぐに技を掛けに行きたいところでも、このような所作ができるところが仁美選手らしさ。
自分がファンになってしまう所以です。


今度は春川選手を、言葉&オーラで追い詰めていきます。

この試合では、「エロいお嬢様」でもドSスイッチが入ってきています
こうなると、仁美選手は強い、本当に強いです

semado189

春川選手の太ももをしっかりと両足で挟み込んで、スタミナを奪っていく仁美選手。
こういう密着系の技もテクニシャン

semado194






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shuuji

Author:shuuji
ミックスファイトをこよなく愛する中年・男子レスラーです。
ツイッターでも呟いてます↓
@shuuji486

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR