2017年大ブレイク・仁美まどか選手のタイトルマッチ vs春川せせら選手 3

腕ひしぎ逆十字固め、馬乗りになってのスリーパーの後には、サーフボード。

一つ一つの技の精度も上がってきている仁美選手。
(それにしても、際どいリンコスなので、サーフボードでも、ついつい目線が定まらない・・。春川選手の表情も良し、仁美選手の広げている足も良し

そして仁美選手の新技が披露されます。
ストレッチマフラーでは向きが反対ですし、‘仁美スペシャル’股裂き

semado208

春川選手の右足をロックして、左足も頭に乗せて固定し、エグイ角度でグイグイと。
股関節やお尻の筋肉が柔軟な女性でないとNGな技でしょうが、自分だったら掛けてみたい技の一つになりました
(撮影監督さんも次から次へと、視聴者が満足する新技をよく考えてくれますね

春川選手は仁美選手の髪を掴んで抵抗。 これぞキャットファイト
こういうシーンを観ていても、仁美選手と春川選手とのマッチアップは大成功と言えるのではないかと思います


春川選手が、引き締まったお尻を使って(?)逆転に成功してお返し
うわ~、キツそう
(そして大胆な姿での熱の入ったファイトに

semado221

しかし、ここは無防備になった股間にパンチを入れて、エスケープに成功の仁美選手。
体格差がありながらも、踏ん張ってボストンクラブにいきます

semado228

「ほら(股間を)見せたかったんでしょ? 私にいっぱい見せて」 
言葉責めも加えてダメージを与えていきますが、春川選手の股間には、、 汗? いやいやそんな・・

「技掛けながら、興奮してきちゃったのかしら?」 ←ナイスセリフな仁美選手

両者のお尻の充実度をみても、いかに仁美選手が健闘しているかが分かるような気がします。(お尻フェチでもあるもんで


続いて足4の字固めへ。
しっかり足の絡まった、巧い4の字固めです。

semado238

お約束ですが、春川選手が引っくり返します。
すぐに互いの両足が解けず、意地の張り合いを魅せてくれるのも良いですね

semado247

(監督さんに何も言われなくても、自然に演技してくれているのかもしれません。 カメラの向こうにいる我々(少なくとも自分)には、その必死さのアピールが伝わってきて大変嬉しい


まだ優位を保っている仁美選手、今度は春川選手の右足を動けないようにしてドラゴンスリーパー。
そして、見事なジャーマン・スープレックスをまず一発お見舞いすると、、、、

完璧なフォームでのシャイニング・ウィザードを連発

semado266

意識朦朧としてくる春川選手の演技も素晴らしいものがあります
容姿に加え、これだけの演技力があれば、海外メーカーさんでも彼女を起用したくなるのではないでしょうか。

semado268

仁美選手が、もう一発ジャーマンを披露してくれたところで、いよいよフィニッシュ
「仁美選手といえば、卍先生・この技」となりつつあるような、卍固め

semado282

完全に自分の技にした感のある仁美選手の卍固めに、ギブアップするしかない春川選手。
(年末の感謝祭イベントでも、自分はこの技でギブアップしてしまいました(笑))

semado289


口から泡を吹いて、なかなか起き上がれない春川選手。
これで3本目は回復できないまま、フルボッコされる展開もかつてはありました。
(My神作の一つ、「安藤あいかvs新垣ひとみ」がそうでしたね)

しかし、ど根性の春川選手ですから、そんな展開にはなりません。
3本目は壮絶な闘い、美しいワザの掛け合い、そして素晴し過ぎる感情表現を堪能できるんであります。






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shuuji

Author:shuuji
ミックスファイトをこよなく愛する中年・男子レスラーです。
ツイッターでも呟いてます↓
@shuuji486

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR