「エロいお嬢様」vs「バトルの宝ジェンヌ」のセクシーなプロレス対決!2

定番の「自撮り着替えシーン」でも、両選手のコメント・表情は対照的ですが、その違いを作品1本で一度に楽しめるのはお得感があります


まずは仁美まどか選手。
「闘いの日が来ました~(パチパチ)」 (←こちらもウレシイ(笑) )

madohana1

「次の団体対抗戦は、(B-1チャンピオンになったので)負けられない戦いなんですけど、相手が強めな、ガツガツきそうな雰囲気のお姐さんだったので、すごいプレッシャーが。。 でもなんだろう? 絶対負けたくない気持ちだけは勝っているので・・。
 
私服だからたぶん気持ちも入らないんですよぉ~。どんなコスチュームなんでしょうか 
闘いも楽しみなんですけど、いつも私、コスチュームを着るのがすごい楽しみで、ウキウキしてます・・」
 (こちらこそデス~っ、、


そして着替え終了。 おおっ

madohana9

「すごい 負ける気しない。 すごいちょっとコレ、後ろみてください。私のお尻が大きいせいか、くるっと中に。 すごい食い込んでくるんですけど・・・」

「面積が・・。 結構ピッチリしてて、身体に気合をいれてくれるコスチュームです」 
(↑ブラジリアン水着は強し 
 ビーチバレーなどでも、強い選手になるほど、露出度高めのコスを着る傾向にあるようですし、最近の仁美選手の快進撃に、このコスは合ってるといえますね

madohana14

「今日のために、1日1分間ブリッジをはじめたんですけど。腰とか、腕とかも使うんで、腕力アップ  できてると思います」


リンコスに着替えたところで、気合が乗ってきた仁美選手です。




お次は吉田花選手。

「お久しぶりです。覚えてますか~」 (もちろんです~ 以前、バトル店頭イベントではお世話になりました

madohana25

お気に入りの下着を見せながら、颯爽と私服を脱いでいく姿に、(あ、そのままそのまま ←競馬ファン?  しかしやっぱりダメっぽい
「ちょっと止めちゃうね」 (仁美選手と同じだからしょうがない、だけど残念だなぁ~


着替え完了

madohana34

「どうですか、とっても銀銀です。これ可愛い おっぱい寄ってるし。 後ろがすごいスキ。強くみえますかね

madohana36

「すごい、、お尻に・・食い込む」 (やっぱりこちらのコスも食い込みが凄いのか~。 う~ん、・・・イ、イイと思います


「FGIの選手として今回試合に出場させていただきます。BWPの選手をこてんぱんにやっつけたいとおもうので、みなさん応援よろしくお願いします」

ハキハキとした口調で、シナリオをしっかりと読み込んできた感のある吉田選手。
飲み込みも早そうで、監督さん的には、非常にやり易い女優さんなのではないでしょうか。




久しぶりに試合前のシーンで、たくさん書いてしまいました。
さあ、そろそろ試合いってみましょう



まずは手四つで力比べからなのですが、力が拮抗して密着戦に
両選手の髪で顔がハッキリ見えなくても、美女同士が胸を追っ付けての力比べは十分に興奮に値します

madohana65

そして吉田選手の力技が出そうだ
仁美選手のお尻の食い込みも早くもピンチ?

madohana74





「エロいお嬢様」vs「バトルの宝ジェンヌ」のセクシーなプロレス対決!

少し前になりますが、B-1トーナメントFIFTHで、仁美まどか選手が横山夏希選手を破って優勝を飾った時の記事を書きました。

優勝&B-1チャンピオンおめでとうございます 仁美まどか選手


最初に仁美選手を拝ませて頂いたのは、YUE選手戦

バトルの看板選手・YUE選手へのチャレンジマッチという色合いが強かったのですが、YUE選手が強さが際立つとともに、仁美選手の健気な闘いぶりが印象的でした。

yuemado60

yuemado178


一方で、「なんで仁美選手とのマッチアップ」という(自分の心の中での)疑問が

タイトルを獲れる感じの選手ではないけど(今となっては大変失礼しましたっ)、チャンピオン・YUE選手の練習台で終わってはあまりにモッタイナイ


また違うシチュエーションで、いつか観たい選手だな・・・、と思っていたらB-1FIFTHに参戦

「でも、今回(の優勝)は横山夏希選手でしょ」とまたしても思っていると、大人の色気全開で、水城りの・横山夏希両選手と強敵を倒して見事に優勝

「でも、さすがにベルトを巻くのは無理でしょ」と思っていたら、B-1タイトルマッチで、明海こう選手を破り、チャンピオンに。

今やBWPの主力選手の仲間入りを果たした、「エロいお嬢様」仁美まどか選手




かたや、吉田花選手。
こちらも、過去にMIXプロレスシリーズの記事を書かせて頂いたのですが、もうとにかくエロ恰好良い

「MIXプロレス」の時は、リンコスに関していうと若干残念で、黒の地味な水着でのファイトでしたが、それでも伝わってくるエロさはさすが

yosihana164

しかし何といっても、FGで初めて拝ませて頂いた時のターコイズの水着を纏った姿に、「ハッ」と強烈な印象を持ったんですよね~

fg14hana8

しかも、FGでの有力レスラー(元・B-1チャンピオン)パンサー理沙子選手を相手に、まさかの大金星

fg14yhana16

昔の全女の中継を見ていて、細身のレスラーが体格の良いレスラーに勝った時などは、興奮度がになっていたものですが、この時もまさにそうでした
(パンサー理沙子選手も、肉感的な色気&ゼブラ柄のリンコス、かなり好みでした)

fg14yhana23

全盛期の全女であれば、間違いなく追っかけのファンができるのではないかというルックス


※その次に参戦した豹柄のリンコスもまたヨカッタです


スレンダーなエロいボディもさることながら、立ち振る舞いが恰好いい
まさに「バトルの宝ジェンヌ」(←表現的に合ってるかな

もう一度、カッコいい吉田花選手を、エロいリンコスで観たいという期待にこたえて頂いて、モー感謝しかないです、自分は。




「BWP・FGI団体対抗戦 仁美まどかvs吉田花」(バトル様)




自分が観戦できなかったBWP02興行の、いわば前哨戦という作品になっていて、BWP所属の仁美選手と、FGIに加わった吉田選手が交わるという構図ですが、これが「BATTLEの日記念スペシャルマッチ」でも、全く成立する作品になっていると思います。

ムンムンとしたフェロモンが伝わってくる試合は、ひょっとしたら夏目エレナ(YUE)vs蓮美かな以来かも??



待ってました
赤のブラジリアン水着で、早くも(自分を)悩殺しようとする仁美まどか選手。

madohana19

シルバーのハイレグ・セクシーなリンコスで、ばっちり極めてくれちゃってます吉田花選手。

madohana49

この両選手がセクシーなリンコスを身にまとっているんですよ~、
堪らなくエロい試合に仕上がらない訳がない




この連休、皆様お疲れ様でした\(^o^)/

この3連休、天気も良くて家族サービスに努めた方、「世の中は連休? 冗談じゃないよ、仕事、仕事」の方、様々ですよね。
自分は明日から山積みの仕事に向き合わねば


ただいま、先日発売された、「Team Wizard」のファイナルシーズンの記事を書き始めたのですが、
思い入れがあり過ぎて、まだアップできる状態にありません。
しばしお待ちを


休憩がてら、久しぶりにネットサーフィンで女子プロレス動画を観ていたら、こんな美しい動画を見つけました。
皆さんも明日の活力の為に、お休み前に如何でしょうか
(逆に興奮してしまうかもですが)





こんな映像はまさにお宝
撮影・投稿して下さった方に御礼





BWPスター選手のプロレス対決! 鶴田かなvs神楽アイネ 6

エロ有り、そして最後はプロレス勝負で貫録勝ちといったところでしょうか、鶴田かな選手。

神楽選手に跨って笑顔を見せています

turuai347

たとえば、自分が鶴田選手と試合して負けた時の、この笑顔はタマリマセンね
仮に握手を求めてくれたとしてもでしょうけど、そうじゃない方が・・・

顔を思い切り近づけ、優しくお仕置き
また胸を露わにして、オオっ近い、、、乳房が、、、

turuai358

圧迫されて苦しくなった神楽選手、抵抗しますがこれはムリというもの。

turuai369

先入観がなくて、「これはプロレスだ」と思って観ていると、片エビ固めでのフォールにいく鶴田選手を、神楽選手がブリッジして耐えているようにみえるでしょうか

乳房を押し付けられながらも、神楽選手が腰を浮かせているところに、妙に何というか、その

turuai383

そして神楽選手の瞳から涙が
お仕置きを済ませた鶴田選手、リンコスを直して去ります。

turuai400


他の作品では、胸を露わにしたままで相手を踏みつけて終了、という作品も多いと思いますが、このあたりはちゃんとしているのかな(んん、やっぱ分からない

最後は、神楽選手が悔し涙で濡れた顔を拭いながら終了になりますが、ガチ涙だったのかもしれません。
攻守の切り替えも多く、しっかりとしたプロレスも観ることもでき、、なおかつエロもしっかり魅せて頂きました
エロレスとは全く違う、ウレシイ作品構成であった事は間違いありません



新生BWPの中心選手である、鶴田かな選手と神楽アイネ選手。
団体は違う(鶴田選手はSSS所属)のですが、おそらく次回の4月興行までには、また成長して、さらに見事なパフォーマンスを魅せてくれる事でしょう。

今後に大いに期待したい両選手です





BWPスター選手のプロレス対決! 鶴田かなvs神楽アイネ 5

丸め込みで勝負アリかというところで、絶妙な反則攻撃を仕掛けた鶴田選手。

神楽選手の足を抱えながら股間攻撃が炸裂
すると、お次は、顔を股間に押し付けてくれる、逆首4の字固め逆片エビの合体技

turuai267

呼吸が厳しい(でも自分なら嬉しい)のと、腰にダメージを負う技で、これはキビシイ神楽選手!

しかしここもよく凌いだ神楽選手が、フルネルソンボディシザースでお返し。
これは最後の最後までもつれた好勝負になっています

turuai270

さあどうなるという時間帯で、アアアっっ、これはぁ~
(BWP興行を観戦した後で購入・鑑賞した作品だったので、実は期待大でした

turuai280

出ました~、、胸あてスリーパー
これは堪らない  横山夏希選手も受けた技を神楽選手も・・・

turuai286

これは「胸あてスリーパー」という技名では、あまりに勿体無いかもしれません。
‘バストスペシャル’とか、‘パイオツハッグ~’とか、何かエロさも伝わる技名を(勝手に)命名したくなってしまいます。

というよりも、女子レスラーから実際にこの技を受けてみたいぞ

BWPの会場で、横山夏希選手がこれを受けて喘ぎ声から痙攣する演技を観て、下半身を宥めるのに必死だった観客も多かったのではないでしょうか。
(こちらは、1人で鑑賞しているので心配なし。それにしてもなんという・・



やはりこの技で失神してしまった神楽選手。

「あれ、失神しちゃったのかな~」と、自分のリンコスを直すところまでは、横山戦と同じでしたが、顔騎でフォールにはいかず、なぜか神楽選手のはだけたリンコスを直してあげます

turuai295

最後はプロレスで勝負しようという事なのでしょうか。
無理やり覚醒され、起き上がらせられた神楽選手も、もう怯えた表情になっています。

そこへスープレックスを2連発

turuai312

まだ許してくれない鶴田選手。 今度はバックドロップへ。
抵抗したい神楽選手でしょうが、もう限界・・・(抵抗したくても、豊満な胸を押し付けられてしまうと、もう

turuai317

これも連発で決まった~っ

turuai322

両者とも、時間的に疲れてきているのと、投げ技での苦しい表情を巧く表現してくれて、すごく


そしてトドメは、神楽選手がBWPでフィニッシュに使った、逆首4の字逆エビ固め。
神楽選手は「勘弁して」という表情を見せながら掛けられてしまいますが、男性からすればカモーンですね。

これにはさすがに耐えきれず、神楽選手タップして、鶴田選手が勝利

turuai337


勝負がついて、ここまでで充分満足できたのですが、勝者・鶴田かな選手による神楽アイネ選手へのエロいお仕置きが待っています





プロフィール

shuuji

Author:shuuji
ミックスファイトをこよなく愛する中年・男子レスラーです。
ツイッターでも呟いてます↓
@shuuji486

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR