SSSタイトルマッチ! 王者・鶴田かなvs最高の挑戦者・明海こう

バトル作品では、現在様々な王座・トーナメントが創設・開催され、我々を楽しませてくれています

一番活発なのは、B-1及びエクストリーム王座、トーナメントでしょうか
次いで、ライブ王座であるBWP、それに対抗するFGI王座も。


それに比べて、SSS王座は、女帝・日高ゆりあ選手が活躍し、安藤あいか選手や国見奈々選手、中居ちはる選手が火花を散らした‘黄金期’を過ぎてからは、三冠王座に組み込まれてしまい、以後はトーナメントも控えめで、正直地味な王座になりつつあったような気がします。
(あくまで自分の主観です

※一番、動きが少ないな~と思うのはバトル・ヘビー級王座ですが、コレは権威あるベルトということで、そう簡単には開催できないのかも・・


途中で「SSS The Rookies Tournament(新人戦)」でさくらここる選手や、椎名ゆうき選手の台頭もあり、彼女達がスターダムにのし上がっていくのか  
しかし勢いは止まってしまいます



そんな中、BWPの旗揚げと同時に、鶴田かな選手という看板選手が突如として現れ、BWP興行でも戦慄なデビューを飾りました

bwp01d21sss

記念すべきBWP旗揚げ興行&レフェリーが生駒はるな選手という点も非常にレアでしたが、横山夏希選手相手に決めた、「胸あてスリーパー」からの顔騎フォールはあまりにも・・

(横山選手からパワーボムを受けた時に、アレっと思いましたが・・・、気になる方はDVDをどうぞ(笑))

bwp01d18sss


その後、鶴田選手は神楽アイネ選手を破るなど、不敗記録を更新(中?)して、ついに宮崎あや選手を下してSSS王座を奪取

パワーに勝る宮崎あや選手相手に苦戦はしましたが、やはりテクニックでは一枚上手でした

kanaaya319

これが‘胸あてスリーパー’に続く‘鶴田デスロック’だそうです。(今回この技が出るかも注目でした)

kanaaya448

チャンピオンベルトを敗北した宮崎選手に巻かせる鶴田選手。
(ちなみに自分にとっては、嬉しいだけで、全然屈辱ではないです

kanaaya464


「不敗」で有名だったキャットファイターでは、金城真央選手や、古条彩華選手といった名前が挙がりますが、両選手が‘強さ’をウリにしていたのに対し、鶴田選手はエロく、かつ老練なテクニックで、‘負けないファイト’が魅力な選手と感じます。




そんな鶴田かな選手のSSS王座、初防衛戦

最近のSSSの勢力図的に、B-1タイトルで仁美まどか選手に挑戦した卯水咲流(うすいさりゅう)選手や、小柄ながらB-1トーナメントにも参戦した小谷野まゆ選手をイメージしていましたが、なんと相手は、B-1王座から陥落してしまった明海こう選手

asuturu1

初防衛戦には、あまりにも強敵とも思える相手ですが、だからこそベルトの価値が上がるともいえるわけで、、、
鶴田選手の老獪なテクニックが勝るか

asuturu8

それとも改名後、FGIの中心選手となったアイドル的人気の明海選手が戴冠なるか

asuturu42


注目の防衛戦でしたが、「なんだかいつも(の作品と)違うな~」と思っていたら、それもそのはず。
スーパー・ソニック・サテライツ(SSS)様の作品でした(今更大変失礼しました


自撮り着替えシーンがコンパクトだったり、両者の「記者会見」が私服だったり、バトル様と違うのは新鮮でイイと思います
リングマットのシートが白になるだけで、いつものリングも雰囲気が変わってきますしね



い、いかんっ
また思いつくままに書きだすと、際限がなくなってしまいますので、このあたりで試合にいかねば





shuuji好みの男女エロレスの第一人者:神楽アイネ選手のMIXプロレス!5

神楽アイネ選手の見事な電気アンマが炸裂

これでギブアップしても良いところですが、さらにダウンしているところに、乳首&左足での股間攻め
非常に器用かつ的確な攻撃に、モ~タマリマセン


完全に骨抜きにされた男子レスラーをひっくり返して、強烈な逆エビ固め
これは抱え込むのも一苦労だと思いますが、見事な拷問技として決まっています

ainem269

「さわられたい放題じゃない
「やめてくださ~い」 情けない声で泣きを入れるしかない男子レスラー。

‘仮想3本勝負’だと、これで勝負あり


しかし、ここから神楽選手のサービスタイムが本格化します。
(なんだか、格闘プレイで決着がついた後の、ヌキサービスに近い感覚を覚えてしまいます

後ろから抱え込んでの乳首責め&股間攻撃

ainem281

「気持ちイイ」とピクピク・・・ (大いに納得

そこで、ついに神楽選手、「ホントはリング上でハメたいんでしょ かなえてあげる」 
小声でのセリフが、さらにエロさを増幅させてくれます

胸を露わにして、いよいよ

ainem289

「どうなの?」
半裸になった神楽選手、まず先に男子レスラーの水着を脱がせて・・・

腕を極めながら、「きなさい!」とアピール
(途中まで乳房を触らせてあげながら、フィニッシュ近くでは触らせないというジラセも

ainem307

もう抵抗できず、シアワセの絶頂になってしまった男子レスラー、ここでギブアップ

カン、カン、カン、カ~ーンっ


イってしまった男子レスラーが、「負けました」と敗北を認めると、 「素直で可愛いね
(⇒‘女に勝とうなんて甘いんだよ’というセリフでないところに、神楽選手の良さを感じてしまうのは自分だけでしょうか


さらに、なんと、な~んと

「最後のお仕置き」 

ainem335

「やめてくれ~、アア・・」 

ああ、いいな~、イイな~ お仕置きというより、絶対にご褒美だよな、、
最高 (どうしたら、神楽選手にこんな技?掛けてもらえるのだろう



見事なノックアウト勝利を収めた神楽選手

「どうだった、初めてのリング?  しゃべれないか・・?」  
すぐに合体した肉体同士を離さないところも、彼女の優しさを(勝手に)実感。


「今日は楽しかった、ありがとう。じゃあね

ainem350
 
照れ隠しなのでしょうか、ちょっとだけ怖い顔を見せてストンピング

その後は、‘ゲッツ’ダンディ坂野氏(もう知らない人も多いかも)よろしく、
「バイバイ」と手を振りながらフレームアウト。



それにしても今作は、神楽アイネ選手の‘プロレススキル’、に加えて‘エロレススキル’にホレボレしてしまいました
(どうしたら、このシチュエーションで、彼女とファイトできるのか、交渉してみたいと真剣に考えてしまう程でした

男女のエロレスでは、バトル様の「〇〇のMIXプロレス」シリーズが、これまで不動の№でしたが、この「プライベートマッチ」シリーズも今後は注目していこうと思います



また、神楽アイネ選手は、エロレスだけでなく、本格的なプロレスの撮影にも大いに対応できそうな気がするので、純粋にリングを躍動する彼女も見てみたいな~  と思っていたのですが残念


でも、様々な魅力をもつ、神楽アイネさん。
これから、どんなジャンルで活躍されるか分からないのですが、今後も応援していこうと思います






shuuji好みの男女エロレスの第一人者:神楽アイネ選手のMIXプロレス!4

首4の字固めで果てたと思わせておいて・・・

左手を伸ばして神楽選手の胸をモミモミ
さらには、股間をしっかりと攻めてきます (なんとも裏山しい

ainem156

「感じてなんかないっ アア~」 
男子レスラーの股間攻めに、今にもイってしまうのではないかと思うほどの迫真の演技

畳み掛けるようにSTFも掛けられ、「感じてるくせに」 「感じてない」というやり取りもありますが、なんというか、男女の‘大人の時間の会話’を何故か想像してしまうんですね 


仰向け状態にひっくり返されて、股間を重点的に弄られ、もう限界に近い神楽選手。
でも素晴しいと思うのは、そんな場面で、ブリッジをして耐え凌ごうとするファイティング・スピリット
神楽選手の「ピクン」という反応と同時に腰が上がるのを見て、コチラもついつい反応

鶴田かな選手戦でも、決着後にこれに近いシーンがありましたね

ainem167

「そんなの卑怯よ」 エロい声で抗議しますが、もちろん加減してくれるハズもなく・・・

ainem178

電気アンマも受けてしまい、‘仮想3本勝負’だと、2本目は神楽選手が取られてしまった

1本目は、神楽選手が卍固めを決めてたので、これで1-1のイーブン、、、ということで(笑)


そのままエロ攻めを続けても良いかとも思いましたが、ここで男子レスラーはダウンカウントを取り始めます

カウント4で、なんとか立ち上がった神楽選手、再び手四つで組み合い




こういう展開になると、立ち上がった選手の方が有利であるという「shuuji理論」から、神楽選手の猛攻を期待しちゃいます

これは何という技といえばいいか、分からないのですが、非常に「プライベートマッチならでは」というような複合技とでもいいましょうか

手四つから、足を絡めにいって、コブラツイストかと思いきや、フルネルソン系という・・艶めかしくてイイ攻め

ainem202

これでダウンした男子レスラー、またしても音を上げたように、手を上げてギブ??
しかし近寄った神楽選手に、ローブローをかまして、再度の反撃に出ます

ainem218

お尻の側から手を回し、股間をまたしてもイジクリまくる男子レスラー。
時折顔を寄せ合っての、小声での言葉責めもジワジワ

「あなた、勃起してるんじゃない?」 (←そのとおり、神楽選手、正解です


ピンチな男子レスラーが、股間に神楽選手の顔を押し付けての逆・首4の字固めで勝負を賭けます。
(エンジェル・トーチャーホールドの一歩手前的な技のようですが、これはアップ画像がなくて無問題

「窒息するんじゃないのか」と見得を張る相手に、「この勃起野郎
(頂きました~ 星3つですっ ←分かるかな? 分かんないだろうな~?



相手の股間から顔をヌクのに成功した神楽選手、得意の左足で見事な電気アンマを披露

股間への振動が、こちらにも伝わってくるのではと感じるほど  
最高・最強な攻撃

ainem247

「やめてくれ~」 ホントにイキそうな感じの男子レスラー。

すんごくその気持ち、分かるような気がします  
モ~、代わって欲しい! タッチ・プリーズ





shuuji好みの男女エロレスの第一人者:神楽アイネ選手のMIXプロレス!3

さあ、効果的だった電気アンマから、ガンガン攻めていく神楽選手。

今度は卍固めがガッチリと決まったぁ
「立ってられないでしょ。 足プルプルじゃない、ギブアップ?」

ainem87

グイッと右腕を引っ張られ、左手でバランスをとるしかない男子レスラー。
腕を抱え込むノーマルの卍固めよりも、エスケープしやすいかもしれませんが、痛む箇所が違うのかも。

‘仮想3本勝負’であれば、ここで1本でも良いシーンでした。

男子レスラーがグロッキーになり、優しさを出した神楽選手が、ちょっと手を休めたスキに・・・

ainem93

ベアハッグ 
喘ぎ声がセクシーな神楽選手。(何とも羨ましいぞ、男子レスラー

ainem100

神楽選手が両腕を首に回してくれたら完璧でしょうが、それでも腰とお尻をむんずっ! と掴んでのベアハッグ。 役得ですね~

攻勢に出た男子レスラー、お次は足4の字固めへ。
ギブアップを迫られるものの、「ギブアップじゃない」と懸命に堪えます。

ainem115

ここで神楽選手が、相手選手の顔をしっかりと見て(睨み付けて?)いるのが、個人的にはナイスでした
普通のキャットファイト作品ですと、掛けられた選手は仰向けになって寝た状態で、エロい喘ぎ声を出してくれるのですが、たまにはこのように身体を起こして、顔を見合って火花を散らしてもらうのもイイ


自分(shuuji)が女子レスラーと対戦した時に、にらめっこ状態になった事がありますが、アレは照れてしまいますね
緩めに技(足4の字)を掛けているのもありますが、余裕な感じの女子レスラーに、「まだ負けないもんね~」なんて表情でじっと見つめられると、下半身がググッ

闘志剥き出しの演出で、「ギブアップ?」と言うと、「ウウ・・、やるじゃない。でもまだまだっ! ノォ~」 
目の前で人差し指を動かして拒否しながら発する、そんなセリフの応酬だけでも、ムズムズ・・
(これまででは、大阪カルマのKR選手の演技が、イチバン巧かったな~


さあて、足4の字といえば形勢逆転技

ainem124

しっかり、そして相手の足にダメージを的確に与えられるような逆4の字固め
互いの足が解けて、左足を押さえている男子レスラー。
少しマッタリしながらの神楽選手の息遣いが

そして首4の字固めに。
2度目ですが、これが男子レスラーにとって弱点(ウレシイ技)とみた神楽選手が締め上げていく。

案の定・・・

「ギブアップする?」  もう限界か 手に力が無くなり、ポトリと落ちてしまいます。。。 
(レフェリーがチェックしていたら、ここで文句なくストップ

ainem141

「どうしたの、身体ピクピクしてるよ

しかし男子レスラー。 プロレスでは勝てないとみるや、反則エロ攻撃のチャンスを伺っていたのでした





shuuji好みの男女エロレスの第一人者:神楽アイネ選手のMIXプロレス!2

リンコスに着替えて、簡単にインタビュー。

念願の神楽選手と闘える事に感謝され、リングでの撮影を用意したと話すインタビュアー(兼選手)に、照れながら、寝起きのような、ほんわかした声で、、「なんかこういう機会もいいですね・・」と笑顔。

キャットファイトだと競泳水着が多いが、デザイン水着も好きなので、プロ(レス)っぽくないけど選んだと話す相手に、「、、ハワイっぽい、、ですね


エロレス作品なので、第一試合の鶴田選手も、最後に男子レスラーをイカせて勝利。
ただ、女優キャリアの若い神楽選手、どのくらいのプロレススキルと、男子レスラーへの(神?塩?)対応を魅せてくれるのかに期待でした



ゴングが鳴ると、さっきまでの笑顔をふっと消し、
「よく来たわね~。 さっきは初めて、初めましてだったから、ちょっと優しめに言ったけど、闘う時は容赦しないんだからね

ぎこちないセリフ回しの中で、‘ドSな演出で責める’のでなく、(真剣勝負でいくわよ)という自然な雰囲気が感じられて、とても気持ち良いです

ainem15

※こういう時、試合前に握手をかわすという儀式もイイんですよね
素敵な女性と握手できるという単純な幸せ(飲み屋風楽しみ)も確かにあります

あとは、自分(shuuji)の過去の対戦経験からですが、
準備万端でいざゴングという瞬間に、緊張した(又はスイッチが入った)表情を魅せる女性の場合に、握手を求める事で、ふっと顔を緩めて笑みを浮かべてくれたりすると、また少し興奮度合が変わってきたりします。
(なかなか伝わりずらいかもしれません  経験された方で賛同される方がいらっしゃれば嬉しいな~



手四つで組み合ってから、いきなりコブラツイストを掛けていく神楽選手。
まずは、「男だからって私に勝てると思ってるの」という定番のセリフから入ります

(掛けているシーンは、天井カメラからで、‘ちょっとビミョーと’最初思っていたのですが、試合が進むにつれ、その良さが分かってくるようになりました

ただすぐに切り返されてしまい、逆にコブラツイストに耐える声がとてもセクシー

ainem21

さらにスリーパーで攻められ、早くもイイ声を出し始める神楽選手ですが、ここは跳ね返して形勢逆転

相手をうつ伏せにして、キャメルクラッチかと思いきや、引っくり返しながら首4の字固めへ。
「どうだ、ギブアップ?  なに弱音はいてるの?」

ainem25

その前のコブラツイストでもそうでしたが、ギブアップを迫るセリフが出ると、よりプロレス感が出て

もしや ここからドミネーション的展開になったら、、と一瞬思ってしまったのですが、
うんうん、「受けはプロレスの美学」を実践している両者の攻防。

反撃のボストンクラブを喰らってしまい、苦しむ神楽選手。 
互角な試合展開になってくれて、(shuuji)ポイントがさらにアップ

ainem34

しかし両足に力を入れて、跳ね返した神楽選手

ストンピング そして腕を極めていく。  男子レスラー、思わず「強い」と本音?が。。

ainam44

股関節狙いの攻撃をした後で、電気アンマ  ここでキマした
まずは右足

ainem57

男子レスラーの股間へのバイブレーションが抜群に思えます

「痛いの? 気持ちいいの? どっち」 (イヤ~、気持ちイイと思いますデス、ハイ
「やめてくれ~」 「どっちの‘やめて’なの?」 (イヤ~、どっちと言われましても

左足も絶妙な感じ  推測ですが、おそらく神楽選手は左足が利き足なのではないかと思います。
鶴田かな選手戦でも強烈な電気アンマを披露してくれましたね)

ainem64

だいぶダメージを負ってしまった男子レスラーですが、さらに左足をロックしての複合関節技を出してくる神楽選手。 
この辺りは‘レスラー’としてもハイセンス

お次は胴締めしながら、グラウンド・コブラ。
男子レスラーの顔付近に、神楽選手の顔や胸が自然に密着して、これは下半身もタマらないでしょう(笑)

ainem76

ア~、、、プロレスって合法的なエロス。 
う~ん、このような作品を鑑賞する都度、女子とプロレスしたくなってくる衝動に駆られてきちゃうのです





プロフィール

shuuji

Author:shuuji
ミックスファイトをこよなく愛する中年・男子レスラーです。
ツイッターでも呟いてます↓
@shuuji486

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR